本校の教育の特長

校訓:誠実/堅忍不抜/忠恕温和

本校は、明治20(1887)年に親和女学校として開校した神戸市でもっとも古い女子校です。

校祖の友國晴子先生は、女子に対する教育軽視の時代にあって生徒とともに寝泊まりしながら教え導いたという教育の姿勢を貫き、女子教育の礎をつくりました。

明治41(1908)年には親和高等女学校となり、このときに校章・校訓を制定し、すべての親和の精神を約25,000名の卒業生が受け継いで多岐にわたる分野で活躍しています。

とくに昨今の女性の社会進出は著しく、あらためて女子教育が見直されている時代となっています。
そして、2016年――
本校の129年の伝統とともにある教育の原点“一人ひとりの生徒を大切に慈しむ女子教育”に立ち返り、これまで生徒たちが築き上げてきた自由闊達な校風を重んじ、時代の変化にあわせた新しい発想のもとで、さらに“世界や社会に出て、生涯にわたって活躍できる女性の育成”に磨きをかけてまいります。

(図説)

(図説)

探究・キャリア教育

中高6年間で将来を見据えていけるよう「生徒自身に自ら進むべき道を選択させ、
一人ひとりの価値観を大切にした進路指導」を実施し、
教科横断型の活動を充実させ、学び・キャリアに対する興味・関心を高めます。
本校が掲げる「世界や社会に出て、生涯にわたって活躍するために必要な力」を養成することを
主眼におき、各コースに対応した進路支援カリキュラムを展開します。

総合進学コース:本校で従来おこなってきたキャリア教育を継続していきます。
Sコース:中1〜高2で「探究」の授業を実施し、キャリア教育と関連付けながら取り組みます。

探究・キャリア教育(図表)

グローバル教育

グローバル教育は、明治時代にすでに「民族や国境を越えて人々と協力し合い、
高め合える日本女性を育てたい」と考えていた、校祖の精神を受け継ぐ親和の伝統です。
海外での活動を通じて「生きる力・学ぶ力」を育み、異国を知ることで自国の大切さを再認識。
語学力や思考力の向上はもちろんのこと、進路選択を広げる機会にもなります。

中3(Sコース)

英語キャンプ(12月)
(写真)
海外ホームステイに向けて、英語だけのコミュニケーション環境に慣れ、モチベーションを高めることを目的に行う国内合宿。2泊3日の予定で、終日ネイティブの先生の授業を受けます。
海外ホームステイ(3月)
実際に海外に出て、基礎的な英語表現でコミュニケーションに挑戦することを目的に、ニュージーランドで3週間の実施を予定。現地で生活習慣などの違いを理解し、相手に伝えたいことを自分で創意工夫しながら伝える楽しさや相手が伝えたいことを理解できた楽しさを味わいながら、多くの学びを吸収できます。

その他のプログラム (中学/校内)[総合進学コース・Sコース:共通]

礼法講座(中1〜中2)
(写真)
本校の同窓会館である汲温会館の和室で、茶道を通して立ち居振る舞いやお茶の立て方、いただき方などを学びます。相手に対し、温かな心遣いのできる、和のこころを持った女性の育成をめざしています。
英語レシテーションコンテスト(中1〜中3)
(写真)
課題英文を週1回の英会話の授業で全員が暗唱発表。各クラス2名ずつの代表者を決め、コンテストで学年ごとに競い合っています。

高1

メルボルン短期交換ホームステイ(7~8月)
[総合進学コース・Sコース:選択] ※留学生徒の受け入れが条件
オーストラリア・ビクトリア州で成績優秀校として上位に位置する『Mac. Robertson Girls' High School(マックロバートソン女子高校)』と交換留学を実施しています。夏にはメルボルンを訪問して、2週間、ホストシスターと一緒に学校生活を送りながら、相手校の日本語クラスの生徒たちを中心に交流を深めます。その後、アボリジニ文化の学習やオーストラリアの大自然を体験できる研修地へ足をのばしてから帰国します。 一方、11月末には、マックロバートソン女子高校の生徒が来日して、ホストシスターと3ヶ月ぶりの再会をします。留学生と一緒に2週間、本校に通い、各クラスで一緒に授業を受けながら親睦をはかります。
(写真)

高2

オックスフォード英語・文化研修(8月)
[総合進学コース・Sコース:選択] ※英検準2級以上の取得が条件
2001年度から続く、語学研修、英国体験プログラム。高2の選抜生40〜50名が2週間、英国:オックスフォード大学の学生寮に滞在して英会話の特訓を受けます。 また現役のオックスフォード大学の女子学生が一人ずつ各グループを担当。全日程にわたり寝食をともにし、語学・生活のアドバイスをします。英語でのディスカッション・プレゼンテーション能力の養成も目的としており、研修の最後には自分で選んだ題材について英語で発表を行います。その他、近郊の名所名跡への一日旅行(数回)、ミュージカル鑑賞、アフタヌーンティーやフォーマルディナーの体験など、イギリスの文化や自然を十分に満喫します。
(写真)
海外研修旅行(10月)
[総合進学コース・Sコース:共通]
コースに関係なく、学年全体でシンガポールとマレーシアへ行く予定です。
(写真)

専任のネイティブ教員が3名在籍!!

さらなるグローバル教育の推進と、英語に親しみが持てる学習環境の充実をはかっています。

中学
1クラスを3つに分けて10数名で英会話授業を実施しています。
高校Team Teaching
ネイティブ教員と日本人教員が2名体制で授業を実施しています。

NEWS!!

カナダ・フィールドストーン・キングス・カレッジスクール
長期留学生派遣プログラム(高1~高2/9月〜翌年7月)
[総合進学コース・Sコース:選択]
2016年度より始まる、カナダ・トロント市にある学校での長期留学プログラム(1年間)で、派遣時に高1で2名までの受け入れ。本校での成績と英検2級もしくはTOEIC650点以上を取得していることなどの派遣条件があります。留学中の単位も、本校の単位として包括的に認定します。
派遣先の1年の授業料の半額相当(1,000,000円)を奨学金として支給するなど、金銭面での援助があることも魅力です。
※渡航費、生活費、海外留学保険料は本人負担。
学びたい意欲に応えるために、新たな奨学金を新設![2016年度~]
親和では、豊かな感性と広い視野を持ち、日本のみならず、世界でも活躍できる女性を育成するため、グローバル教育を推進しています。希望する生徒にはより多く、実際の海外生活を体感してもらえるよう派遣目的に応じて、費用の一部を給付(補助)する奨学金を新たに新設しました。
奨学金名 対象プログラム名 給付(補助)金額
※1人あたり
碁盤弘子フィールドストーン・
キングス・カレッジスクール
派遣留学奨励奨学金
カナダ・フィールドストーン・キングス・カレッジスクール長期留学生派遣プログラム
(高1~高2)
1,000,000円
碁盤弘子奨学金
海外研修プログラム奨励奨学金
海外ホームステイ(中3) 30,000円
メルボルン短期交換ホームステイ(高1) 30,000円
オックスフォード英語・文化研修(高2) 60,000円

※プログラムにより参加を認められる条件が異なります。

教育内容
本校の教育の特長
中学校 コース編成概要
総合進学コース
Sコース
高校入学募集
カリキュラム概要