親和中学校・親和女子高等学校

写真

中学校カリキュラム
総合進学コース

一人ひとりに、幅広く、総合的なチカラを養っていきます。

生徒の多様なニーズに
柔軟に対応します。

募集人員
約140名
目指す進路
国公立大学、関関同立など難関私立大学

グローバル教育、探究学習などを拡充大学入試改革にも十分に対応できる教育を推進

生徒一人ひとりの希望に応じた学びを進めることができる

総合進学コースは、生徒一人ひとりの興味・関心、習熟度、希望進路などに応じて、柔軟にプログラムを選択できる点が魅力です。中学に入学してから自分のやりたいことを見つけ、将来に活かしていきたい場合などは、総合進学コースへの入学をお勧めします。

グループ単位の調査・研究活動を通して人間力を高める「探究学習」を導入

Sコースで実施し、教育効果が高いと好評だった「探究学習」を、総合進学コースでも高校から導入しています。
「探究学習」とは、少人数グループに分かれて、自分たちで課題を見つけ、調査・研究、議論し、発表する形式の授業です。その活動を通して、論理的な思考力や、多様な意見を受け入れる力などの「人間力」が養われています。

総合進学コース独自の「異文化探究研修」など、国際交流プログラムが充実

総合進学コース独自の国際交流プログラムが「異文化探究研修」です。中国・東北師範大学附属中学をはじめ、アジアの中高生と交流するほか、現地で調べ学習を行います。
そのほか、親和の多彩な国際交流プログラムや(P7、8参照)、2022年度に導入予定の「サイエンスツアー」(P18参照)にも参加可能です。

総合的な力を養う教育が、新しい大学入試でも威力を発揮する

今後の大学入試では「知識・技能」に加えて、「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」などの人間力が重視されます。総合的な力を養う総合進学コースの教育は、新しい大学入試でも、必ず威力を発揮します。
もちろん、すべての学力の基盤となる「知識・技能」の習得もおろそかにはしません。日々の授業の充実のほか、英会話の特別授業、ハイレベル講座など、「知識・技能」を定着させる取り組みを強化しています。

表