親和中学校・親和女子高等学校

写真

中学校カリキュラム
Sコース

ハイレベルな教育で
より高い進路実現をめざします。

募集人員
約60名
めざす進路
京大、阪大、神戸大など難関国公立大学

中学、高校ともにクラスを大幅に再編一人ひとりの個性や志向に応じた教育を実現

朝学習や長期休暇中の補習など、豊富な学習時間を確保

高い進路目標に向けて、国語、数学、英語の授業時間数は、総合進学コースよりも多く設定しています。
また、中1から、始業前25分の朝学習を実施。夏期・春期休暇中には、集中的な講習を開講しています。

中学では少人数習熟度別クラスSa:1クラス・Sb:2クラスに、高1から進路別編成SS・SLに

中学2・3年生で、少人数・習熟度別(Sa:1クラス、Sb:2クラス)授業を実施します。英語・数学を中心に、共通内容と習熟度内容(a発展とb定着)を組み合わせ、個々の生徒の学力を確実に伸ばすことで、高校での学習の基盤を整えます。
高校では、高1から「SS(サイエンス)」「SL(リベラルアーツ)」の2つのコースに分かれます。早い時期から自分の希望進路に必要な学びをスタートさせることができます。
「SSコース」は、「数学Ⅲ」や理科の発展的内容の科目まで履修します。医療系学部や、難関大学理工系学部の入試に対応できるカリキュラムです。
「SLコース」は、文系志望者と、「数学Ⅲ」を必要としない理系志望者が対象。文系科目に偏ることなく、これからの時代に必要な文理融合型の学びを進めます。

適切なクラス選択に役立てるために、キャリア教育を刷新

高校入学時に、適切にクラスを選択できるように、キャリア教育を刷新。正解のない問いに答え続ける学習教材「エナジード」を導入しています。この教材の学びを通して、未来をどう生きていくか、深く考える力が身につきます。

英語力の高い生徒を、さらに伸ばす教育にも力を入れる

英語資格入試・帰国子女入試の導入もあって、中学入学時点で、かなり高い英語力を備えている生徒が増えています。「ALTが担当する英会話の特別授業」「予備校講師による英語ハイレベル講座」などを新たに導入。英語力の高い生徒をさらに伸ばす教育にも力を入れています。

表