親和中学校・親和女子高等学校

写真

高等学校カリキュラム
特進Aコース

探究力を育み、
難関大学への進学をめざす

募集人員
約20名
目指す進路
国公立大学、難関私立大学

きめ細かな指導を展開し高い進路目標に対応

高1は週2回の7時間授業。長期休暇中にも補習を実施

特進Aコースは、高1は週2回、7時間目に授業があります。夏休み、冬休みにも補習が課されます。これらのプラスアルファの学びによって、1年間で内部進学生に追いつくことができるカリキュラムになっています。
そのため、高1では科目によって高校入学生だけで授業を行っていますが、高2からは内部進学生の「総合進学コース」の生徒と合同のクラス編成になり、一緒に授業を受けています。高2終了段階で、高校課程の学習内容をほぼ終えて、高3では大学入試対策に専念します。

授業後の個別指導などで、きめ細かくサポート

内部進学生に追いつくために、高校入学生の学びは質量ともにハードになりますから、生徒たちが挫折することなく、頑張り抜けるように、きめ細かな指導を心がけています。親和には、教員に質問しやすい雰囲気があり、授業後に個別指導を受けている姿もよく見られます。生徒同士にも、助け合い、支え合っていこうという気持ちがあることも、大きな強みになっています。

高2、高3は類型に分かれ、最適の学びを進められる

現在は、高2からは4つの類型(文系Ⅰ類・Ⅱ類、理系Ⅰ類・Ⅱ類)、高3からは5つの類型(文系Ⅰ類・Ⅱ類・Ⅲ類、理系Ⅰ類・Ⅱ類)に分かれています。きめ細かな類型編成によって、生徒たちは、それぞれの志望大学合格に向けて、最適な学びを進めることができます。

3年間で着実に学力を伸ばし、内部進学生と遜色ない合格実績を示す

こうした高校入学生の実状、ニーズに対応した教育システムによって、生徒たちは3年間で着実に学力を伸ばし、高い進路実現を果たしています。とくに、国公立大学、難関私立大学においては、内部進学生と遜色ない合格実績を示しています。 

表