親和中学校・親和女子高等学校

写真

高等学校カリキュラム
特進Bコース

高大接続により、
スポーツ・教育系への進学をめざす

募集人員
約30名
目指す進路
神戸親和女子大学、私立大学スポーツ系、私立大学文系

スポーツや芸術に秀でた生徒、
及び神戸親和女子大学への進学を希望する生徒など、
より多様な生徒を受け入れるためのコースです。

強化クラブ「バレーボール部」は、プロチーム「ヴィクトリーナ姫路」と連携

現在、強化クラブに指定されているのは「バレーボール部」です。2020年7月から、プロバレーボールチーム「ヴィクトリーナ姫路」と連携協定を締結、同チームからコーチを迎え、全国大会出場を目標に、練習に励んでいます。特進Bコースの新設によって、これまで以上に優れた実績を有する選手が入学してくれることを期待しています。
また、バレーボール以外のスポーツや、芸術活動などの分野で個人的に取り組みながら、勉強と両立させつつ、大学進学をめざしたいと考えている生徒の入学も歓迎します。

教師への近道-教員・保育士などの採用試験で高い実績を誇る神戸親和女子大学

特進Bコースのもう一つの特徴が、神戸親和女子大学進学希望者(小中学校・幼稚園・保育教諭や保育士を めざす生徒、国際文化や心理学、スポーツを学びたい生徒など)を歓迎していることです。
神戸親和女子大学は、教員養成の長い歴史があり、採用試験においても高い実績を誇っています。将来、教員や保育士を希望している人にとっては、夢が実現する可能性が高まるルートになります。

神戸親和女子大学に入学する場合は、さまざまな特典

神戸親和女子大学に入学する場合は、受験料、入学金が免除されます。また、高校3年次には、神戸親和女子大学の一部科目を選択することができ、大学入学後、単位として認定されます。

3年間かけて、じっくり学力を高められるカリキュラムを編成

クラブ活動や個人の取り組みと勉強との両立を図るため、授業は、ペースに配慮し丁寧に確実に進めていきます。つまり3年間かけてじっくり学力を高めるカリキュラムを編成しています。

ヴィクトリーナ姫路

兵庫県姫路市で活動するバレーボールのプロクラブチーム。本拠地は姫路市立中央体育館。運営母体は株式会社姫路ヴィクトリーナ。 2020-21シーズンはV1リーグに所属。前バレーボール女子日本代表監督(ロンドン五輪銅メダル)の眞鍋政義氏がオーナーを務める。 地域に根ざした、バレーボールの普及・強化に力を入れている。

表